CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
.
.
.
税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント
.
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? 1

 実際に、一念発起して「資格武装を実践していく決意」
をしたとしましても、

   その実践過程の中で、相応に軍資金

つまり、それなりの「自己投資」が必要となっていくこと
も、また事実であります。

それは資格武装を決意した時点で、既に受験料が必要とな
っていきますし、

 場合によっては 試験会場までの交通費や、 宿泊費等も
加算されていくことでしょう。

また、このような金銭的な負担に関しましては、ある程度
の受講料や学費を支払って、

資格予備校や専門学校、通信教育等の教育機関を活用して
挑む方と、

 独学で資格武装に挑んでいく方とでは、その投資金額の
総額も、

  「大きく異なっていくのは事実」といえます。

 しかし、

以下次号

資格取得

 

| 資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? | 21:50 | - | - | pookmark |
資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? 2

  これまでの、私自身の資格武装ライフも含め

「様々な局面の資格武装ライフ」を目の当たりにして
きた経験上、

安易に「独学=安上がり」とはいえない状況に、遭遇
してきたことも事実であります。。

確かに私自身、昨年新たに誕生している貸金業務取扱
主任者に独学で挑み、

トータルで「1万円以内のお得な独学合格 ^о^ 」

を果たしていることは事実です( ※注 当然この1万
円の中には、受験料や交通費等は含まれておりません)

 しかし、はっきり言いまして、もし仮に教育機関等
を活用して挑んでいたとすれば、

例え、誕生間もない「激甘モード」の国家資格である
貸金業務取扱主任者といえども、

「軽く数万円の投資♪」が必要だったといえるでしょう。

また、かつて私自身がまだ20代前半の頃に、約1ヵ月
の完全独学で撃破している保有資格、

以下次号


| 資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? | 21:47 | - | - | pookmark |
資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? 3

  危険物取扱者 乙種・第4類の場合などは、

それこそ問題集「2冊のみ♪」の投資で、これもまた合計
金額3千数百円以内の

「極めてお得な独学合格 ^о^ 」を果たしております。

しかし、そんな危険物取扱者 乙種 第4類でありましても、

 某・有名 通信教育講座を受講すれば、

軽く3万数千円以上の出費
が、必要となっていくのであ
ります。。

 こういった現状「のみ」を把握すれば、確かに

 「やはり独学って、お得だよね♪」 と、 教育機関等の
活用に対し若干、引いてしまう現実も否めません。。

しかし、実際に危険物取扱者 乙種・第4類レベルの国家
資格でありましても、

 ・「複数回の受験で合格できず、断念していく方々が
   結構存在している」

といった驚愕の事実を聞かされたのは、

以下次号

| 資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? | 21:46 | - | - | pookmark |
資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? 4

 某・有名 大手ガソリンスタンドで、勤務経験のある方と
資格談話を交わしている時でした。

彼の話によりますと、 その某・有名 大手ガソリンスタン
ドでは、

   昇進や昇給の「重要な条件の一つ」として、

危険物取扱者 乙種・第4類の取得は「必須!」であると
いう内容でした。

 逆にいい換えますと、 どれだけキャリアや実務経験が
豊富な方であっても、

やはり、危険物取扱主任者 乙種・第4類を取得していな
ければ、

出世も昇進も「限度付き」といった、厳しい資格談話で
ありました。

  しかし、当時の私は

もし、仮にそうだとしても、危険物・乙4クラスの資格
であれば

・「合格するまで怯まずに、何回でもチャレンジすれば
  良いだけなのでは?」

と気軽に思っていたのですが、

以下次号

行政書士 通勤講座

| 資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? | 22:05 | - | - | pookmark |
資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? 5

 そんな「私の安易な見解」に対する彼の回答は、

危険物取扱者 乙種・第4類の受験で、合格するま
で何度も挑み続け、

「必死に努力を継続していくタイプ」の受験生は、

  それほど多くはない、という内容でした。。

確かに、 かつて私自身が独学で、 危険物取扱者
乙種・第4類に挑んだ

 「当時の記憶」に遡(さかのぼ)ってみますと、

せっかくの 「貴重な本試験」 といった状況下であ
りながら、試験開始・早々

 「居眠り」 をしている受験生が何人も存在して
いて、かなり面食らった記憶が甦ります。。

  しかし、結局そんな彼らは

「会社からの業務命令的な受験」で、 危険物取扱
者 乙種・第4類に

  「挑んでいるだけ」の存在だったのでしょう。

おそらく受験料のほうも全額 「会社もち」だった
と推測されます。

以下次号

| 資格武装 独学は本当に「安上がり」といえるのか? | 18:41 | - | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>