CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
.
.
.
税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント
.
MOBILE
qrcode
<< 秋の資格祭り開幕! 宅地建物取引主任者編 | main | 秋の資格祭り開幕! 貸金業務取扱主任者編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
秋の資格祭り開幕! 行政書士編
続く秋の資格祭り第2弾は、平成26年度 行政書士
試験となります ^^

 行政書士試験の場合も宅建と同様に、 厳しい試験
展開となっており、

特に法令科目である、 民法の難易度が高かったよう
です。。

また 一般知識や記述式等の出題傾向にも変化があり、

 これまでの過去問や 条文知識では対応し難い問題
も複数見受けられ、

本試験・終了後は ネット上でも騒然としていました。。


 そんな平成26年度 行政書士試験ではありますが、
私が特に気になった近年の顕著な傾向としまして、

「受験生の減少に 歯止めが掛からないっ!」 という
現実が挙げられます。

 実際に、ここ数年は 4〜5千人レベル で受験生の
減少が続いていたと記憶してますが、

今年度に関しましては、 昨年度に10%台を超える、

 「甘めの合格率」で締め括っていたにもかかわらず、

8千人超!という主催団体側としましても、シャレに
ならないレベルの減少率で本試験を終えています。。

 はっきり言いまして、法律系・国家資格の登竜門
して有名な行政書士試験ではありますが、

登竜門の域を超えた今回の難化・傾向化と、合格率の
下降により、

来年度は、更なる来年度の受験生の大幅な減少が懸念
されると言えるでしょう。。

 ちなみに、資格予備校や通信教育機関の広告等では、

「就・転職にも有利で、 独立開業も狙える有望資格」

といったキャッチフレーズを良く目にしますが、

行政書士に合格しても就職先は決して多くなく、 何を
根拠に複数の著名な教育機関が、

就・転職の有利性を謳っているのか?と、 本当に理解
に苦しみます。。

以下次号

行政書士 通勤講座
| 秋の資格祭り開幕! 2014年度編 | 06:00 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:00 | - | - | pookmark |